2017年12月6日水曜日

工房八雲 作品展

12月24日まで
富士川町 工房八雲の作品展を開催中です。
入場無料
12月9日(土曜日)午前10時半より
オカリナコンサートもあります。
どなたでもお気軽にお越しください。

2017年11月6日月曜日

11月酒の会

今月の酒の会は2回開催

身延町下部温泉 鮨・ます多さんの鮨と酒の会
11月11日(土曜日)午後6時から
参加費5400円でおすすめ鮨コースをご堪能いただきます。
熟成したお魚の味は絶品です。

ドリンクは別料金、きき酒は1000円その他ソフトドリンク等ございます。

ます多さんのサイトはこちら



六斎酒の会は11月25日(土曜日)午後6時から

参加費3000円 きき酒、軽食、お土産のお酒1本付き
今回は来年生誕150年を迎える身延町に生まれた木喰上人のお話を
身延町教育委員会のご協力によりしていただきます。

どちらの企画もお申込みは以下までどうぞ
inforokusai@gmail.com

2017年11月2日木曜日

11月5日(日曜日)は六斎酒蔵市

11月5日(日曜日)午前10時からは
毎月恒例の六斎酒蔵市
 
クラフト作家さんや、伝統工芸の作り手さんらが
ブースにていろいろな作品の販売や、体験コーナーが設置されたりと
ゆっくり楽しめます。

 
工房八雲の作品は陶芸でも一味違った使い方
かわいい作品が人気


布を使った作品が並ぶブースは
お値段お手軽でまとめ買いしたくなります。



こちら新作の羊毛で作った猫しっぽ
猫好きにはたまらない作品です(^^


伝統工芸である水晶加工品も猫モノが揃っています
ご希望により、ペンダントやピアスなどにも加工できます。

ブレスレット体験はなんと500円とリーズナブル。
毎回人気です。


六斎酒蔵市は午後4時くらいまで開催しておりますが
商品には限りがありますので、ご了承ください。

当日、日本酒2500円以上お買い上げのお客様には、なんと!人気の春鶯囀ワンカップを1つプレゼント!

お待ちしております!

12月は3日(日曜日)開催予定です。

11月企画のご案内




酒蔵ギャラリー 六斎
11月企画のご案内です。

こころWAKUWAKU写真展 ~5日(日曜日)まで

小さなウエディング展 アーティフィシャルフラワーと雑貨展11日(土曜日)~19日(日曜日) 
・ 期間中11日(土曜日) 12日(日曜日) ネイルアート体験会、17日(金曜日)~19日(日曜日)フラワーアレンジ体験会開催します。

21日(火曜日)~27日(月曜日)和刺繍:miki刺繍による作品展

多彩な展示が続きます。わくわくしますね。

毎月恒例の酒の会
参加費3000円 日本酒飲み比べ、軽食、お土産のお酒1本つき
11月25日(土曜日)午後6時より
今回の酒の会は、身延町教育委員会さんのご協力により
来年生誕150年を迎える 木喰上人のお話があります。
お申込み受付中です。


のぞいて楽しい六斎酒蔵市
11月5日(日曜日)午前10時より
水晶ブレスレット製作体験500円や、陶芸作品の展示販売
焼き菓子などの販売もあります。
当日お酒2500円以上お買い上げのお客様に、カップ酒1つプレゼント!
お酒をお買い求めの方は、ぜひこの日にお越しください(^^





2017年11月1日水曜日

こころWAKUWAKU作品展

 
富士川町在住の写真家:小嶋 三樹さんと写真教室生徒さん16名による
作品展開催中です。
 
 
まるで絵画のように美しい作品が50点以上
見応えがあります。
 



 
 
地元富士川町~身延町 県内各地 さまざまな風景を切り取った作品は
時間を忘れて見入ってしまいます。
 
入場無料 お気軽にお越しください。


2017年10月5日木曜日

酒蔵フォルクローレ

9月30日は六斎酒の会でした。
 
 
県内にて活動を展開している。グルーポ・モンターニャスの方々が
演奏してくださいました。
 
珍しいアンデスの楽器をつかって、心躍る明るい曲から、ゆっくりとした曲まで
とても贅沢な時間をすごさせていただきました。
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/XyJbxKPVQIY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
ありがとうございました!
 
 
次回は10月21日(土曜日)午後6時から
次はどんな出し物が催されるのか・・・主催者もどきどき!楽しみです。
 
 
 
 

2017年10月3日火曜日

月見酒再入荷

明日10月4日は中秋の名月・十五夜です。

お団子と芋名月ともいわれるので、サトイモをお供えする方も
いらっしゃるそうです。

六斎にもススキが届きました。
 
 
十五夜さんにススキはつきものですが
なぜススキ?でしょう
 
 
ススキは神様の依り代と考えられており、稲穂が実る前なので
稲穂に見立てたススキが選ばれたといわれています。
 
また、ススキの鋭い切り口が魔除けになるということで、お月見の後
軒先につるしておくというところもあるそうです。
 
 
今は稲刈りが早まったので、六斎周辺の田んぼでは
 
稲刈り作業が真っ盛りです。
 
酒米も10月中旬には稲刈り最盛期となります。
 
米の出来も気になる季節ですね。